ペットは一人ぼっち
多頭飼いや親子飼いの場合は、寂しい思いをしないで過ごす事ができて幸せです。
ペットの多くは、とても幼い時に親や兄弟から引き離されます。

そして、ご縁があり小さな家族としてお宅に来ています。

もしも、あなたが幼子の時に親から無理やり引き離されて、十二分な愛情も与えてもらえず、
また遊びたい盛りにお家に兄弟も居なくて一人っ子のような生活ならどう感じるでしょう。
きっと寂しくて・・・不安で心が一杯にならないですか?

ペットは、あなたの愛情をいつも心から
欲しています。

現代社会では共稼ぎのご家庭も多いため、
ペットは飼い主の帰りを一人ぼっちで一日中待って過ごしています。
お家に帰ると小さな体全体で、その喜びを表現していませんか?

一人ぼっちのペットの寂しさをわかってあげて、優しく接してあげる事はとても大切です。
限られた時間でも、ペットの相手をしてあげてください。
愛するペットが天国に行った後、悔いが残るような事は避けたいです。

お別れの時を迎えた場合は、ゴミのように処理するのではなく、家族同様にちゃんと火葬をして供養をしてあげる事が大切です。

天国でも、愛するペットが一人ぼっちの思いをしないように・・・