ペットの定期検診
もしも、あなたが健康管理に気を付けて
いるのであれば、
一年に一度は健康診断に行かれると思います。
しかし、あなたの愛するペットはどうでしょうか?
何か具合が悪くなってから、ようやく病院に
連れて行くのが常ではないでしょうか。

ペットは、自分から「ここが痛い」「体調が悪い」「歩きにくい」など、
不具合を飼い主に伝える事が容易にできません。
だからこそ、体調が目に見えて悪くなる前に、定期的に獣医さんに診察をして貰っては
いかがでしょうか。
人間と同様に、ペットの病気の早期発見・早期治療はとても大切です。
体に何か不具合があっても、早めに気付けば症状が軽いうちに治療できます。
病気が進んでからでは、手術や投薬など経済的に大きな負担となる場合もあります。
日頃から獣医さんと親しくしておけば、ペットの体の小さな変化などにも
気付いてくださる可能性が高くなり、ペットの健康寿命も延びる事でしょう。
ペットは、自分一人で病院には行けません。
飼い主のあなたが、愛するペットの健康を
しっかりと守ってあげてください。
飼い主もペットも、健康が一番大切です。