飼い主の気まぐれ
ペットを迎え入れた最初の頃は、まだ赤ちゃんのペットが可愛くて毎日家族が競ってお世話をしていた事と思います。
それから月日が経った今でも、ペットと楽しい時間を過ごしていらっしゃるでしょうか。
ペットに対する興味が薄れて、スマホを見る時間や人気のゲームに費やす時間が優先していないでしょうか。

ペットも、人間と同様に喜怒哀楽がある生き物です。相手をしてくれない飼い主をペットがどのような気持ちで見ているか、想像してみてください。

ペットは、自分で勝手に気分転換に外に出る事ができません。
憂さ晴らしに、お酒を飲む事もできません。
スマホで、家族やお友達と長電話を楽しむ事もできません。
ペットは、あなたのサポートを必要とする弱い立場の生き物です。


あなたの優しさを必要とする心のある生き物です。
飼い主が、気まぐれで可愛がったり放置したりする事は、ペットにとって悲しく淋しい行為です。
ペットが、いつもあなたの愛情を欲している事を理解してあげてください。
ペットは、家族の一員です。